社会人サークルで恋愛

職業によっては、異性との出会いの機会が全くといっていいようなものがあります。そのような職業に就いた者は、当然に婚期が遅れるし、中には一生結婚できない場合があります。近年は、パソコンの前に座って全ての作業ができる仕事が増えています。便利にはなったとは思いますが、他人との接触の機会は減っています。ですから人付き合いや恋愛が下手になりますし、婚期が遅れるのもしょうがないことです。このような社会ですので、異業種の交流がある社会人サークルがありがたい存在となります。異性との出会いの場、恋愛の場となるからです。この社会人サークルも、いかにも「出会いの場」といった雰囲気がありますと、参加するのがちょっと恥ずかしくなるものです。ですので、あくまでも健全なお堅いイメージのある方が参加しやすいですし、出会いも自然なものとなるでしょう。


社会人サークルという語が出来る前の社会人同士の出会いの場としては、英会話教室がありました。英会話教室は、英語を学ぶという大義名分がありますので、参加する気恥ずかしさがありません。また、会社によっては参加費用を負担してくれる所があります。また、英会話教室の場合には、外国に憧れる女性が多く参加するので、男女比がほぼ均等になるといった特長があります。さらには、英会話をしなければいけないので、異性に話しかける必然性があるのです。そのような英会話教室の講師には、純粋に英語を教える能力はあまり求められません。フリートークを主とし、クラスの雰囲気が悪くならないような調整役となってくれればよいのです。中にはテキストブックを生徒に買わせて、忠実にそのテキストブックに沿って授業を進める講師もいますが、出会いの場を求めるのであれば、そのような形式の英会話教室は避けたほうが良いかと思います。異性に話しかける機会が減るからです。英会話教室は、能力によってクラス分けする所が多いです。これは出会いの場を求める意味からしても仕方がないことです。異性との会話が成立しないのでは、恋愛に結びつきにくいからです。ですので、能力レベルを超えた出会いは難しいです。


このように、恋愛にまで発展できる社会人サークルの好例として英会話教室を挙げました。他の社会人サークルが出会いの場、恋愛の場となりやすいかどうかの指標になったかと思われます。主催する側、参加する側の両方がこの指標を念頭に置いておけば、出会いの場を作成し求めることができると思います。